ソフトB 連勝5でストップ  バリオス乱調で逆転負け

[ 2015年6月25日 05:30 ]

<西・ソ>3回1死一塁、中村の打球を目測を誤り落球する柳田

パ・リーグ ソフトバンク4-7西武

(6月24日 西武D)
 セットアッパーのバリオスが、まさかの乱調で痛い逆転負け。連勝は5で止まった。だがソフトバンク・工藤監督の表情に悲観の色はなかった。

 「今年からリリーフとして、ここまでやってきてくれている。投球内容が悪くなったわけじゃない。(2軍での)再調整は考えていない」とこれまでと変わらぬ信頼感を口にした。

 2点差を逆転し、迎えた8回。3番手・バリオスがマウンドに上がり、「勝利の方程式」が完成しかけた。しかし、3安打で同点とされ、1死一、二塁で降板。森福は秋山の左前打で満塁とされ、5番手・森は木村にまさかの逆転満塁本塁打を浴びた。今季2敗目を喫したバリオスは「ノーコメント」と足早に球場を後にした。

 5連勝中ではあったが、この日は序盤からリズムが悪かった。0―1の3回には、1死一塁から中村の平凡な飛球を、柳田がまさかのバンザイ(記録は失策)。ピンチを広げた。「見えなかった」。その後、2点目の失点にもつながっただけに、2安打を放ち打率を・375に伸ばしたにもかかわらず、試合後の柳田は言葉少なだった。

 それでも打線は意地を見せた。2―2の8回2死から明石、柳田、内川の3連打で1点を勝ち越し。4点を追う9回にも高橋朋から1点を奪い、最後まで食らいついた。連勝はストップしたが、内川は「終わってみたら連勝が止まっただけ。やっていることは変わらない」と前を向いた。

 今季最長の6連勝は目前で逃したものの、指揮官は「連勝よりも3連戦で勝ち越したい」と話す。2位・日本ハムとはまだ2・5ゲーム差。25日は今季初先発の岩崎で、カード勝ち越しを狙う。

 ▼ソフトバンク・スタンリッジ(6回2失点) パーフェクトなピッチングとは言えないが、要所で粘れたし、ゲームをつくれたことは良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年6月25日のニュース