球児、地元高知で凱旋初登板…四国ILオープン戦

[ 2015年6月20日 19:56 ]

<高知FD・香川OG・徳島IS連合>ファンの声援を受け投球する藤川

 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知に入団した藤川球児投手(34)が20日、高知市総合運動場野球場で行われた香川・徳島連合チームとのオープン戦に先発として初登板した。

 高知商高出身の地元スター選手の勇姿を見ようと、球場には開門前から多くのファンが詰めかけた。大歓声を浴びながら背番号11がマウンドへ。一回は、かつて「火の玉」と言われた速球が威力を欠いて1点を失ったが、二回と三回は三者凡退に打ち取った。

 藤川投手は1999年にドラフト1位で阪神入り。通算220セーブを挙げ、2012年オフに海外フリーエージェント権を行使して米大リーグのカブスに移籍した。その後は右肘の故障などに苦しみ、ことし5月にレンジャーズを自由契約。新天地に「ばりばりできる時に高知の子どもたちに投げる姿を見せたい」と地元の独立リーグを選んだ。

 契約は1試合ごとで、藤川投手は無報酬でプレーする。本人の希望で、球団は登板試合の入場料収入の10%を児童養護施設に寄付するという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月20日のニュース