DeNA 泥沼 7年ぶりの12連敗 配置転換のモスコーソ投入失敗

[ 2015年6月20日 16:47 ]

4回途中4失点で降板するDeNA・山口
Photo By スポニチ

セ・リーグ DeNA4―8広島

(6月20日 横浜)
 DeNAは接戦を落として08年以来、7年ぶりの12連敗となった。

 4―4の7回、DeNAは先発から配置転換した3番手のモスコーソがエルドレッドに右翼へ2点本塁打を打たれ、さらに石原、丸に適時二塁打を浴び4失点。4回以降無安打の打線は反撃ならず、連敗脱出はできなかった。

 広島は30勝に到達。1番の丸が本塁打を含む3安打3打点と活躍した。先発のジョンソンは3回まで4点を失ったが、その後立ち直り7回まで投げ今季6勝目を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月20日のニュース