巨人 連敗脱出、貯金ゼロの危機回避 マイコ3勝、亀井2適時打

[ 2015年6月20日 16:48 ]

<巨・中>力投する巨人先発のマイコラス
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人7―1中日

(6月20日 東京D)
 巨人が中日に快勝、連敗を4で止め、貯金ゼロの危機を脱した。

 初回1死二塁から亀井の中前適時打で先制すると、5回1死三塁から再び亀井が左中間適時二塁打で1点を追加した。さらに7回には無死二、三塁から代打高橋由の左中間3号3ラン、8回にも長野の2点二塁打でリードを広げた。

 投げては先発のマイコラスが7回無失点の好投、セ・リーグ相手では初勝利となる今季3勝目。8回は山口が一発を浴びて失点したが、9回はマシソンで締めくくった。

 中日は先発バルデスが6回2失点と粘り強く投げたものの、打線の援護がなくリーグワーストタイの7敗目。降板後の2番手以降が乱れてリードを広げられた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月20日のニュース