球児 独立L高知入団会見「新しいスタートとして最高の決断できた」

[ 2015年6月8日 13:19 ]

背番号11のユニホームに袖を通す高知・藤川球児

 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知は8日、米大リーグのレンジャーズを自由契約となった藤川球児投手(34)の入団記者会見を高知市内で行い、同投手は「また新しい人生のスタートとして最高の決断ができた」と話した。背番号は11。契約は1試合ごとで、無報酬でプレーする。

 藤川投手は高知商高からドラフト1位で1999年に阪神入りし、2007年にはプロ野球最多タイの46セーブをマーク。12年オフに海外フリーエージェント権を行使して米大リーグ、カブスに入団、今季移籍したレンジャーズを5月に自由契約となった。

 入団会見前には、高知県庁を訪問して尾崎正直知事に入団を報告した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月8日のニュース