10球団来た!大分商 森下 一躍注目 広島「上位候補」ヤ、巨も熱視線

[ 2015年6月7日 06:02 ]

<東海大相模・大分商>2失点完投した大分商のドラフト候補右腕・森下

練習試合 大分商2―2東海大相模

(6月6日 東海大相模)
 東海大相模との練習試合で、最速148キロ右腕の大分商・森下が8安打2失点完投と好投を見せた。1メートル80、70キロの細身から最速146キロにチェンジアップ、スプリットを交え10奪三振。

 ソロ2発を浴びるもドラフト候補の吉田や小笠原と互角に投げ合い「思い切って投げられた。自信になった」と話した。

 10球団28人のスカウトが見守り、広島・苑田聡彦スカウト統括部長は「こんな切れの良い球を投げる投手はなかなかいない。上位候補」と高評価。ヤクルト・小川淳司SDは「直球の質が素晴らしい」、巨人・山下哲治スカウト部長も「柔らかさがある」と絶賛の声が相次いだ。投手歴わずか1年だが、一躍今秋ドラフトの上位候補に浮上した。

 ▽練習試合 (6日 東海大相模)
東海大相模
 001 000 100―2
 001 010 000―2
大 分 商
 (東)吉田、小笠原―長倉
 (大)森下―雨川
 [本]吉田、戸崎(東)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月7日のニュース