ダル訴えられた 犬の世話役かみつかれた 米紙報じる

[ 2015年5月31日 05:30 ]

レンジャーズのダルビッシュ

 テキサス州の地元紙ヒューストン・クロニクル電子版は現地29日付で、レンジャーズ・ダルビッシュが雇っていた家事手伝いのアレクサンダー・ウィトマーさんが、契約違反や過失を理由にダルビッシュと代理人の団野村氏の事務所を相手取り訴訟を起こした、と伝えた。

 ロサンゼルス郡上位裁判所に27日に申請。訴状によると、ダルビッシュが飼う3匹の犬の世話役として昨年8月27日に1年契約で雇われたが、9月17日に1匹の犬にかみつかれケガを負い、解雇された。犬の管理や、かみつくことなどへの注意が不十分だったと不服に思い、訴えを起こしたという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年5月31日のニュース