虎サヨナラ5000勝なのに…3万人割れ、通常日程では05年以降最少

[ 2015年5月29日 07:22 ]

<神・楽>6回無死、チーム初安打を放った鳥谷は、ほとんど客のいないレフトスタンドを背に山脇コーチ(左)とタッチ

交流戦 阪神4-3楽天

(5月28日 甲子園)
 阪神が2試合連続サヨナラ勝ちで球団通算5000勝を達成。3点差を追いつき、延長11回2死満塁から福留が押し出し四球を選び、4時間44分の激闘に終止符を打った。しかし、この日の観衆は2万9268人で、今季の甲子園主催試合で最少となった。

 実数発表となった05年以降、5月までの甲子園主催試合で3万人を下回るのは5度目だが、過去4度は交流戦が降雨中止になったことに伴う代替日程でのもの。通常日程の試合で3万人割れは初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月29日のニュース