オリックス・糸井、第1打席で通算1000本安打達成

[ 2015年5月20日 18:56 ]

<ソ・オ>初回1死二塁、左前打を放ち、通算1000本安打を達成したオリックスの糸井

パ・リーグ オリックス―ソフトバンク

(5月20日 ヤフオクD)
 オリックスの糸井嘉男外野手(33)が20日のソフトバンク11回戦(ヤフオクD)でプロ野球279人目となる通算1000安打を達成した。

 糸井は初回の第1打席、1死二塁の場面でソフトバンク先発の中田が投じた2球目のストレートをレフト前にクリーンヒット。プロ12年目にして大台の数字に到達。一塁ベース上で花束を受け取り、スタンドからは拍手が送られた。

 03年に投手としてプロ入りした糸井の初安打は日本ハムに所属していた07年9月10日、ロッテ19回戦で5回に高木晃次から右前打を放って記録した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月20日のニュース