伝説に追いついたイチロー 「発想としては面白い」試合前には新監督いじり

[ 2015年5月19日 13:17 ]

延長10回、二ゴロに終わったマーリンズのイチロー(AP)

ナ・リーグ マーリンズ2―3ダイヤモンドバックス

(5月19日 マイアミ)
 マーリンズのイチローが“らしい”2安打で、伝説の本塁打王ベーブ・ルースに肩を並べた。

 当初スタメンに名を連ねていた正中堅手オズナが「個人的な事情」で帰宅し、急きょ回ってきた2試合ぶり先発出場の機会。3回の第1打席で内角低めの153キロ直球を左前に弾き返すと、打球は飛び込んできた左翼手の前でバウンドし左前打に。これでルースにあと1本と迫ると、5回には外角低めのチェンジアップを捉えて左翼線ぎりぎりに落ちるヒットでメジャー通算2873安打目をマークした。

 この日はGMから異例の転身となったダン・ジェニングズ新監督(54)の初陣。試合前にはユニホーム姿の新監督の首にネクタイを掛けていじり、リラックスさせるベテランらしい配慮も見せた。「フロントだった人、スーツ姿のイメージだからやっぱりネクタイ。それを取った後はもう監督になるというジョーク」と説明したイチロー。マルチ安打でさっそく新指揮官にアピールした。

 ▼イチローの話(GMから監督就任は異例だが)野球をよく知っていて、徳がある人ならいいと思いますけどね。発想としては面白いと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月19日のニュース