メッセ登録抹消も信頼変わらず 21日巨人戦で「当然」最短復帰へ

[ 2015年5月12日 05:30 ]

メッセンジャーは試合さながらの気迫の表情で跳びつく

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(33)が11日、出場選手登録を抹消された。開幕から調子が上がらず10日の広島戦では6回5失点でKOされた。13日からは2軍本隊に合流して鳴尾浜球場で調整し、登板間隔を空けて、復調を待つことが決まった。

 この日、甲子園での指名練習に参加した右腕は「(不調の)原因があるべきところを分かりたいという気持ちだね。良い所に投げても打たれて、悪いところに投げてアウトになる。すべてがうまくいってない」と悩める胸中を明かした。

 和田監督は「次の登板も告げてある。(サンティアゴと)争うとかのレベルではない。やってもらわないといけない」と変わらぬ信頼を口に。中西投手コーチも最短10日での復帰に「当然そうなる」と話し、再登録可能の21日巨人戦(甲子園)で復帰する予定。小休止を挟んで、完全復活を遂げて見せる。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月12日のニュース