本塁打出れば勝つ!勝率現役1位は阪神・鳥谷 追いかける中田

[ 2015年5月12日 08:26 ]

阪神の鳥谷

 本塁打を打ち、その試合でチームが勝てば打者の喜びは倍増する。だが負けてしまえば半減だろう。本塁打がどれだけ勝利に結びついているのか、通算100本塁打以上の現役打者29人で、本塁打した試合の勝率を比較した(ゲーム2本以上も1試合で計算)。

 上位は3人が1厘差で続く僅差となった。1位は鳥谷(神)で勝率・750。118試合(121本)で87勝29敗2分けと、ちょうど3勝1敗のペースになる。・749で2位の阿部(巨)は、10~13年に本拠東京ドームで本塁打を打った試合の連勝が37まで伸び話題になった。そして・748で3位の中田(日)は、今季10本で8勝1敗と2人に迫っている。

 中田が無敗であと1勝を上積みすれば鳥谷と並び、2勝で単独1位となる。侍ジャパンでも4番打者を任される中田。本塁打で勝利を呼べる力は、何よりの武器となるだろう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月12日のニュース