母の日にイチロー同僚 2年連続大活躍 招待し“親孝行”

[ 2015年5月12日 05:30 ]

<ジャイアンツ・マーリンズ>母の日らしくピンク色の肘当てを装着しプレーしたイチロー
Photo By スポニチ

ナ・リーグ マーリンズ2―3ジャイアンツ

(5月10日 サンフランシスコ)
 母の日に開催された全15試合が、乳がん啓発活動の「ピンクリボン」で染まった。

 多くの選手がピンク色のバットやリストバンド、アンダーシャツなどを使用してプレー。使用したバットなどは競売にかけられ、乳がん基金へ寄付される。マーリンズのイエリチは2年連続で母アレシアさんを球場へ招きプレー。昨年は本塁打を放ち、この日も1安打2盗塁し「2年連続で母の日に、母の前で活躍できてとてもうれしい」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月12日のニュース