上原、伝統あるRソックスで快挙達成「在籍した球団に感謝」

[ 2015年5月11日 10:41 ]

ブルージェイズ戦で日米通算100セーブ目を挙げ、オルティスに担がれるレッドソックス・上原(19)。右端はファレル監督

 日頃は個人記録に重きを置かないレッドソックスの上原も、日米17シーズンをかけて積み重ねてきた実績に誇らしげだった。

 ――日米で100勝100セーブを達成した。

 「現役である以上は通過点としか捉えていないが、うれしい気持ちに変わりはない。過去に数人しかいないということは誇りにしていい。通算200勝よりも少ないわけですから」

 ――5月10日、母の日での達成だった。

 「みんなが感謝の気持ちを込めてピンク色のスパイクやシャツを着てプレーしていたし、自分も親に感謝している」

 ――伝統あるレッドソックスで成し遂げた。

 「これまで在籍した(日本の)ジャイアンツやオリオールズ、レンジャーズも含めた4チームに感謝したい」

 ――投手コーチが解任され、チームも3連敗中で迎えた試合だった。

 「勝てばストレスもなくなっていく。きょうの勝利で気持ちよく(西海岸へ)遠征に行けるし、飛行機の中もいい雰囲気になると思う」(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月11日のニュース