×

和田監督と試合前話し合い…マートン 積極プレー連発に虎党歓声

[ 2015年5月6日 08:48 ]

<神・中>6回2死一塁、マートン(右)は暴投で二進

セ・リーグ 阪神4-2中日

(5月5日 甲子園)
 魂のこもった走塁で流れを引き寄せた。1―1の6回2死走者なしから、阪神・マートンが詰まりながらも三遊間を破る左前打で出塁。続く伊藤隼への2球目のカーブがワンバウンドとなり捕手・松井雅が捕り損なうと、果敢に二塁へスタート。懸命に走って滑り込み、チャンスを作り出した。

 スタンドを埋めた虎党から歓声が上がる。勢いに乗って伊藤隼が右前打、梅野も四球で満塁とチャンスを広げ、岩田に勝ち越しの3点三塁打が飛び出した。

 最近の試合では全力疾走を怠る様子が散見されていた。この日の試合前練習では約20分間、和田監督と話し合った。会談の中身は明かさなかったが、この試合では随所に積極的なプレーが目立った。4回には初球を打って遊撃内野安打。6回の左前打と合わせ、4月29日のヤクルト戦(甲子園)以来、5試合ぶりのマルチ安打を記録した。

 指揮官は「ワンバウンドでセカンドにいけたのはよかった。気持ちの入ったプレーだった。いろいろなことがあるけどマートン本来の集中力があってああいう走塁もできる」と称賛した。平田ヘッドも「あれがあるから隼太のヒット、得点につながった」とチーム愛がにじむ激走に目尻を下げた。

 家族愛も忘れていない。4月28日は長男マイカくんの6歳の誕生日だった。大好きな「トランスフォーマー」のフィギュアをプレゼントしたという。トランスフォーマーとは乗り物や動物の姿に変形するロボットのおもちゃで、米国でも日本でも人気がある。多くの種類があるため「僕は詳しくないから、どのキャラクターをあげたかわからない」としたが「とても喜んでいたよ」と目を細めた。

 満員のこどもの日に、積極果敢なランナーに“トランスフォーム”したマートン。甲子園で観戦したマイカくんにはフィギュアに負けないプレゼントになっただろう。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2015年5月6日のニュース