中日、谷繁兼任監督が1発含む4の4!チームの連敗止めた

[ 2015年5月4日 17:13 ]

<神・中>8回無死一塁、谷繁兼任監督は左翼線二塁打を放ち4安打目を記録し、自ら交代する

セ・リーグ 中日9―2阪神

(5月4日 甲子園)
 中日は1本塁打を含む4打数4安打の谷繁兼任監督を筆頭に16安打9得点の猛攻で阪神を下し、連敗を2で止めた。

 初回、1死二塁から平田の左前打で先制した中日は3回、今季10打席目で初安打となった谷繁の中前打を足場に1死二塁とし、大島の右中間二塁打と平田の左前打で2点を加点。

 そして、3―0で迎えた4回に最大の見せ場はやって来た。ナニータと高橋周の安打などで1死二、三塁としてから谷繁が再び打席に入り、フルカウントからのカーブを左翼ポール際に1号3ラン。

 谷繁は6回に右前打を放つと、7―1で迎えた8回には無死一塁から左翼線に二塁打を放って4打数4安打とし、三塁打が出ればサイクル安打というところだったが、代走が出てベンチに下がり、その後は采配に集中した。

 阪神は先発のメッセンジャーが4回6失点で降板すると、打線も中日の先発左腕・大野の前に7回2安打と沈黙。9回には3番手・金子に対して2死走者なしから1点を返したが及ばず、3連敗となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月4日のニュース