中日 谷繁兼任監督が退場 9回2死走者なしからまさかの逆転負け

[ 2015年5月2日 18:19 ]

9回2死一、二塁、本塁クロスプレーをめぐって山路球審(右)に触れ、退場となる谷繁監督。手前は生還したバルディリス

セ・リーグ DeNA5―3中日

(5月2日 ナゴヤD)
 DeNAが9回に2死走者なしから4点を奪い逆転勝ちを収めた。

 2点を追う9回、筒香の内野安打から好機を作り、バルディリスの左前適時打、関根の右中間2点三塁打、黒羽根の右中間適時二塁打の5連打で4点を入れた。8回の1イニングを投げたエレラが来日初勝利。

 中日は3回に高橋の本塁打などで2点を入れ、8回にも1点を加えたが、9回に福谷が2死走者なしから崩れ敗れた。9回に本塁上でのクロスプレーをめぐり、捕手の守備についていた谷繁兼任監督が抗議し、退場となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月2日のニュース