青木4試合連続安打 チームはサヨナラ勝ち

[ 2015年5月2日 14:53 ]

1回、左中間に二塁打を放ったジャイアンツ・青木(AP)

インターリーグ ジャイアンツ3―2エンゼルス

(5月1日 サンフランシスコ)
 ジャイアンツの青木宣親外野手(33)は1日(日本時間2日)、サンフランシスコでのエンゼルス戦に「1番・左翼」で出場し、4打数1安打で4試合連続安打とした。

 青木は1回、左腕ウィルソンの低めの変化球を捉えて左中間へ今季5本目の二塁打。後続の内野ゴロと中飛で先制のホームを踏んだ。3回は二ゴロ、6回は一ゴロ、8回は中飛で打率は3割1厘。チームは2―2で迎えた9回、2死満塁から代打パニックが決勝の中前打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月2日のニュース