顔面打球直撃の巨人・西村が退院 当面は別メニュー

[ 2015年5月2日 13:46 ]

巨人の西村

 巨人は2日、イースタン・リーグ、ヤクルト戦(1日、戸田)で打球を顔面に受け、頭部顔面打撲、右眼瞼(けん)部挫創で10針縫合した巨人の西村健太朗投手(29)が埼玉県戸田市内の病院を退院したと発表した。当面、別メニューで調整する。

 西村は前日の試合で先発し、3回2死一、二塁から西浦直亨内野手(24)の痛烈なライナーを顔面に受け、マウンド上でうつぶせに倒れ込んだ。グラウンド内に救急車が入って球場は一時騒然。緊急搬送された西村は骨折や脳内の出血はなかったが、大事を取って入院していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月2日のニュース