ペドロ氏が現役時代の秘密を告白「死球のほとんどは意図的なもの」

[ 2015年5月2日 12:27 ]

現役時代のペドロ・マルティネス氏 (AP)

 レッドソックスなどで通算219勝を挙げ、今年1月に米野球殿堂入りを果たしたペドロ・マルティネス氏(43)が、5日に出版予定で、ボストンの野球記者との共著「ペドロ」の中で、自身が現役時代に与えた死球についての秘密を明かした。

 マルティネス氏は身長180センチとメジャーリーガーとしては小柄で、体重も88キロ(現役当時)と細身だったが、打者の懐を厳しく攻める強気な投球でその体格のハンデを補っていた。

 その結果、マルティネス氏はメジャー通算18年で141個の死球を与えることになったが、本の中で、同氏はレッドソックス在籍時での下記のエピソードを紹介した。

 ある年のヤンキースとの連戦最後に先発したマルティネス氏は、その2日前の試合でチームメートがクレメンスから死球を受ける光景を目の当たりにした。同氏はそれが故意死球であろうとなかろうと、報復するつもりでマウンドへ上がり、目論見通りにソリアーノとジーターを立て続けに病院送りにした。

 マルティネス氏はチームメートの投手にこう言った。「あの2人は骨折していないかを確認するために救急車で病院へ行ったが、2人一緒に救急車に乗ったから安上がりだな(米国では救急車を1台呼ぶごとに有料)」。

 故意死球を匂わすこの言葉に驚いたその投手は「自分の与える死球の90パーセントは偶発的なものだ」と返答。しかし、マルティネス氏は「お前は完全に間違っている。俺の与える死球の90パーセントは意図的なものだ」と首を振ったそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月2日のニュース