兵庫ディオーネ連敗止めた!延長8回三原が古巣相手にV打

[ 2015年5月2日 05:30 ]

<埼玉アストライア・兵庫ディオーネ>延長8回2死満塁から兵庫ディオーネ・三原が中前に適時打を放つ

日本女子プロ野球 兵庫ディオーネ5―4埼玉アストライア

(5月1日 市営大宮)
 ヴィクトリアシリーズ前期は、兵庫ディオーネが5―4で埼玉アストライアを下し、連敗を4で止めた。

 4―4で迎えた延長8回、2死満塁から三原が中前に適時打を放ち、試合を決めた。三原は初回にも無死三塁から左前に先制打で、4打数2安打2打点。昨年まで2年間在籍した古巣を相手に躍動し「(8回の打席は)打つしかないという気持ちでした。相手より気持ちで上回れた。良い結果が出たので、この調子でいきたいと思う」と笑顔がはじけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月2日のニュース