デーブ監督「四球と失策は点になる」 継投策が裏目

[ 2015年5月1日 05:30 ]

<オ・楽>7回1死一、二塁、福山の交代を告げ嶋(右)と話す大久保監督

パ・リーグ 楽天1-4オリックス

(4月30日 京セラD)
 楽天は継投策が裏目に出て逃げ切りに失敗した。

 6回無失点と粘っていた菊池の球威が落ちたとみて7回に福山を投入。ところが1死一、二塁のピンチを招き、金刃が2死後に死球を与えて満塁。救援した武藤が竹原に手痛い二塁打を浴びた。この回1死からの後藤の失策を含め、3失策と守備も乱れた。大久保監督は「与えてはいけない四球と失策は点になる」と競り負けた要因を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月1日のニュース