神宮にも敦賀気比旋風!駒大1年岡田“凄い仕事”9回V弾

[ 2015年4月23日 05:30 ]

<駒大・亜大>9回に左越え本塁打を放った駒大・岡田

東都大学野球第3週第1日 駒大2―1亜大

(4月22日 神宮)
 1回戦2試合が行われた。駒大は今春センバツを制した敦賀気比出身の岡田耕太捕手(1年)が同点の9回に決勝の左越えソロを放ち、2―1で亜大を下した。中大は12安打の猛攻で5―2で国学院大に先勝した。

 センバツを制した敦賀気比旋風が神宮にも吹いた。1―1の9回。先頭・岡田が3球目の直球を振り抜くと、打球は左翼席に吸い込まれた。開幕6打席目で放ったリーグ戦1号が値千金の決勝弾。「気持ち良かった。こんなに早くホームランを打てるとは」と思わずガッツポーズして喜んだ。

 昨夏甲子園に「4番・捕手」で出場し4強入り。2回戦の春日部共栄戦でバックスクリーン弾を放つなど高校通算36発の長打力を武器に駒大へ進学した。木製バットにもすぐに適応。今春センバツは甲子園にまで足を運んで声援を送り「いい刺激になった」と奮い立った。指名打者としてリーグ戦初先発で起用に応えた1年生を西村亮監督は「凄い仕事をしてくれた」と称えた。

 ただ、これで満足はしていない。「いつか正捕手になりたい」と岡田はレギュラー奪取を誓った。

 ▼亜大・北村祥主将(01年秋以来の開幕3連敗)結果が出ていないのがすべて。まずは1勝しないと始まらない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月23日のニュース