日本ハム 大谷の今季初完封で無傷の4連勝 4安打7Kの完璧投球

[ 2015年4月19日 15:51 ]

8回1死二、三塁、松井稼を遊直併殺打に打ち取り、ガッツポーズでほえる大谷

パ・リーグ 日本ハム3―0楽天

(4月19日 コボスタ宮城)
 日本ハムの大谷が今季初完封を果たし、チームは連敗を2でストップした。111球4安打7奪三振の投球内容で、昨年9月13日以来、自身3度目のシャットアウト。これで開幕4連勝となった。

 初回に2死一、三塁とピンチを招くも、大谷はこれを凌ぎ、2回以降は味方の好守にも助けられ、安定した投球を披露。楽天打線を沈黙させた。

 この大谷の好投に応えたい打線は6回に1死三塁の場面で田中の内野ゴロの間に1点を先制。終盤の8回には再び田中が2点適時打を放ち、追加点を挙げた。

 楽天は先発の戸村が8回途中、7回1/3を投げて4安打2失点と大谷に負けず劣らない投球を見せたが、打線が4安打と相手エースの前に沈黙。今季初の零封負けで、同一カード3連勝とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月19日のニュース