西武お手上げ9三振「相手を褒めるしかない」

[ 2015年4月19日 05:30 ]

<オ・西>8回無死、二ゴロに倒れる森

パ・リーグ 西武1-5オリックス

(4月18日 ほっと神戸)
 西武は相手先発・ディクソンに完投を許した。わずか4安打で5回先頭・中村からの5者連続を含む9三振。

 9回に浅村の中前適時打で1点を返すのが精いっぱいで、田辺監督は「あれだけ低めに決められると攻略できない。相手を褒めるしかない」と舌を巻いた。27アウトのうち12個は、沈むナックルカーブが決め球。浅村も「(ナックルカーブが)低めに来て、きつかった」と振り返った。

 ▼西武・森(3打数無安打で3試合連続本塁打ならず)甘い球を1球で仕留められなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月19日のニュース