東海大 ドラフト候補右腕・吉田3失点KO「力んだ。実力不足」

[ 2015年4月12日 05:30 ]

<東海大・城西大>2回途中で降板した東海大のエース吉田

首都大学野球 東海大2―7城西大

(4月11日 中井中央公園野球場)
 首都大学野球春季リーグ戦が開幕した。4季連続優勝を狙う東海大の今秋ドラフト候補右腕・吉田侑樹は、10球団のスカウトが訪れた中で先発も1回1/3を3失点で降板。力んだ。実力不足」と肩を落とした。攻撃も初回に三重殺されるなど流れをつかめず、城西大に2―7で敗れた。

 152キロ右腕の帝京大・西村天裕(たかひろ)も10安打5失点と乱調で日体大に4―5で完投負け。「もっと低めに集めなきゃ」と反省を口にしたが、楽天・長島哲郎スカウト部長は「きょうで評価が変わることはない」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月12日のニュース