“リプケン超え”記念日に 金本氏タテジマで始球式

[ 2015年4月10日 05:30 ]

<神・D>始球式を行う金本氏

セ・リーグ 阪神1-2DeNA

(4月9日 甲子園)
 阪神OBでスポニチ評論家の金本知憲氏(47)が2006年4月9日の横浜(現DeNA)戦で大リーグ記録とされるカル・リプケン氏(元オリオールズ)の記録を超える904試合連続全イニング出場を達成したことにちなみ、甲子園で「金本知憲デー」と銘打ったイベントが催された。

 金本氏は「ファーストピッチセレモニー」にはタテジマの背番号6のユニホーム姿で登板。ハタケヤマ社が作成したニューグラブを左手にはめて、鳥谷相手に外角高めの速球を投じ、「(鳥谷に)当てたらダメなんで外を狙って投げました。昨年は打席に立たせてもらい、マウンドにも立たせてもらった。本当に光栄に思うね」と話した。試合前には現役時代の功績を称える映像も流された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月10日のニュース