エルド復帰メドは6月 手術から10日再来日、まずはリハビリ

[ 2015年4月9日 07:11 ]

広島のエルドレッド

セ・リーグ 広島3-2巨人

(4月8日 マツダ)
 広島は8日、右膝手術のため米国に帰国していたブラッド・エルドレッド内野手(34)が、10日に再来日すると発表した。

 「来日するからと言って、すぐにプレーできるわけじゃない。何週間かリハビリ、トレーニングという流れになると思う」と緒方監督。今後は3軍の大野練習場でリハビリを始め、6月をメドに戦列復帰を目指す。昨季の本塁打王は2月26日の韓国・KIA戦で故障。広島市内の病院で「右膝半月板損傷」と診断され、3月9日に帰国し17日(現地時間16日)に半月板部分切除手術を受けていた。松原チーフトレーナーは「曲げ伸ばしの可動域は出ていると聞く。まずは患部の状態を確認したい」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月9日のニュース