日本ハム ガッチリ首位 集中打で7連勝!4回5安打6得点!吉川2勝目!

[ 2015年4月8日 21:57 ]

<日・西>4回1死満塁、レアードは中前に逆転の2点適時打を放つ

パ・リーグ 日本ハム6―1西武

(4月8日 東京D)
 日本ハムが中盤に集中打で一挙6得点を奪い、7連勝を飾った。

 1点を先制された日本ハムは4回、2つの四球と内野安打で1死満塁とすると、レアードの中前2点適時打で逆転。その後、相手バッテリーミスと3本の適時打でこの回一気に6得点を挙げた。

 投げては先発の吉川が6回7安打1失点と走者を出すも本塁を踏ませない粘りの投球で今季2勝目を挙げた。

 西武は先発のルブランが4回に四球から大量失点を喫し、打線は日本ハムを上回る10安打を記録するも1得点にとどまった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース