DeNA 2度目の3連勝で同率首位に 阪神4連敗で借金1

[ 2015年4月8日 21:51 ]

3回2死一・二塁、DeNA・ロペスは左前に先制適時打を放ち先制

セ・リーグ DeNA6―1阪神

(4月8日 甲子園)
 DeNAが3回から8回まで1点ずつ得点し、今季2度目の3連勝。貯金を最多の3にし、中日と並んで同率首位に立った。

 3回、ロペスの左前適時打で先制し、4回には石川の左前適時打、5回にもバルディリスの中犠飛、6回には石川のスクイズが成功、7回はバルでリスの左前適時打、8回は関根の適時三塁打で着実に追加点を挙げた。先発のモスコーソは6四球と再三走者を許しながらも得点を許さず、5回3安打1失点で今季2勝目。

 阪神は4連敗。初回と2回に満塁の好機を逃すと、直後に先発の岩本が失点。5回にゴメスの左越え適時二塁打で得点したが後続なく借金1となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース