巨人ドラ2戸根プロ初S ドラ3高木勇に刺激「次は僕がと」

[ 2015年4月8日 05:30 ]

<広・巨>ウイニングボールを手に笑顔の巨人・戸根

セ・リーグ 巨人2-1広島

(4月7日 マツダ)
 巨人ドラフト2位の戸根が5試合目の登板でプロ初セーブをマークした。初めてのヒーローインタビューに「久しぶりにあんなに多くのカメラに囲まれました。高木さんがまぶしいスポットを浴びていたので、次は僕がと思っていました」。開幕から2戦2勝の3位・高木勇に続き、また新人がチームを救った。

 2―1と勝ち越した直後の延長11回から5番手で登板。日大出身の左腕は「しびれる場面で使ってもらえて、その気持ちに応えたいと思った」と先頭の代打・梵を141キロ直球で空振り三振。2死から堂林に四球を与えたが「切り替えて次に集中できた」と鈴木誠をチェンジアップで遊直に仕留め、持ち前の強心臓ぶりを発揮した。試合後は記念球を手に笑顔でガッツポーズ。「高木さんに負けないようにしたい」と頼もしい言葉で締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース