西武・十亀2発に泣く…田辺監督注文「もう少し厳しさを」

[ 2015年4月8日 05:30 ]

<日・西>3回2死二塁、中田(右)に2ランを打たれた十亀

パ・リーグ 西武0-4日本ハム

(4月7日 東京D)
 両股関節痛から復帰した西武・十亀が2発に泣いた。「2球の失投でこうなった。詰めの甘さが出た」。

 0―0の3回2死二塁から中田に外角直球を投じ被弾。5回無死一塁では、田中へのシンカーが落ちずに右翼席に運ばれた。昨年7月6日オリックス戦(京セラドーム)以来のマウンドで5回4失点降板。4四死球を与え、田辺監督も「先発ならもう少し(制球に)厳しさを出していかないと」と注文を付けた。

 ▼西武・横田投手コーチ(十亀が浴びた2本塁打は)完全なる失投。でも考えようによっては(復帰登板で)5回までやれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース