ヤクルト5割逆戻り…大野の前に沈黙、今季2度目の零敗

[ 2015年4月8日 05:30 ]

<ヤ・中>6回2死一、二塁、山田は三ゴロに倒れガックリ

セ・リーグ ヤクルト0-1中日

(4月7日 神宮)
 ヤクルトは大野の前に三塁を踏めず、今季2度目の零敗で勝率は5割に戻った。

 昨季は相性の良さを見せていた左腕を打ちあぐね、真中監督は「昨年は甘い球があったが、きょうは最後までコースに投げきっていた。チェンジアップと直球中心の投球だったが攻略できなかった」と振り返った。6回2死一、二塁の好機で三ゴロに倒れた山田は「制球が良かったので打ち損じてしまった」と肩を落とした。

 ▼ヤクルト・成瀬(6回2安打1失点も今季初黒星)調子が良かっただけに、先頭打者に四球を与えての点の取られ方に悔いが残る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース