イチロー「心動いた」マ軍初打席 8回代打に盛大拍手!凡打も感激

[ 2015年4月8日 05:30 ]

<マーリンズ・ブレーブス>8回、代打で一ゴロに倒れるイチロー(AP)

ナ・リーグ マーリンズ1―2ブレーブス

(4月6日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは本拠地に集まった3万6969観衆からスタンディングオベーションで迎えられた。1点を追う8回先頭で投手のダンに代わり、代打で出場すると盛大な拍手。41歳のメジャー最年長野手は移籍初打席に「あんなふうに迎えてくれたら、僕だって心は動くでしょう」と感激の面持ちだった。

 通算9打数3安打、打率・333と好相性の救援右腕ジョンソンとの対戦は、速球に押し込まれて一ゴロ。球場入りの際、殺虫剤「キンチョール」をもじった「キンチョースル」の開幕仕様Tシャツを着て現れたメジャー15年目のベテランは「ただ、緊張感。緊張してパフォーマンスが上がるわけがない。ただ、その中で結果を出さないといけない」と話した。

 2回のマ軍攻撃中には突然降りだした雨で開閉式のドーム球場の屋根を閉めるのが間に合わず、試合が約16分間中断するハプニングもあった。黒星発進となったが、イチローは「前に進もうとするのは、前向きな人間なら当たり前でしょう」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース