“4度目の正直”ブ軍 マー君攻略「昨年の方が打つのは難しかった」

[ 2015年4月8日 05:30 ]

<ヤンキース・ブルージェイズ>3回1死一塁、エンカーナシオン(上)に2ランを浴びる田中

ア・リーグ ブルージェイズ6―1ヤンキース

(4月6日 ニューヨーク)
 昨季も田中のメジャーデビュー戦で白星を許すなど3戦3敗だった天敵を、ブルージェイズが「4度目の正直」で攻略した。

 昨季も8打数4安打と得意にし、左翼席に2ランを運んだエンカーナシオンは「昨年は92~93マイル(約148~150キロ)出ていたが、今年は89~90マイル(143~145キロ)の球が多い。昨年の方が打つのは難しかった」と印象の違いを口に。先発ハッチソンは田中より2歳下の24歳で、球団史上最年少の開幕投手を白星で飾り「大きな一日。興奮しているよ」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月8日のニュース