相川「情けない…」右太腿肉離れで全治4~6週間

[ 2015年4月4日 05:30 ]

球場を後にする巨人・相川

 巨人は3日、相川亮二捕手(38)が東京都内の病院で精密検査を受け、「右大腿二頭筋の肉離れ」と診断されたと発表した。2日の中日戦(ナゴヤドーム)の走塁中に右足を痛め、途中交代していた。

 全治は4~6週間とみられ、東京ドームを訪れた相川は「試合に(ほとんど)出ていない。情けなく思っています。1日でも早く戻れるようにしたい」と話した。今季、FAでヤクルトから加入。出場3試合で先発マスクは2度かぶり、打率.333と攻守でチームに貢献していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2015年4月4日のニュース