ヤクルト 成瀬、移籍後初勝利!元同僚に3ラン献上「ショック」

[ 2015年3月31日 21:55 ]

<ヤ・神>ヤクルト移籍後初先発、初勝利を挙げた成瀬

セ・リーグ ヤクルト4―3阪神

(3月31日 神宮)
 ロッテからヤクルトにFA移籍した成瀬が移籍後初先発。初回に3点を失ったが、5回の降板直後に味方打線が逆転に成功し、うれしい“初勝利”。初めて神宮のお立ち台に上がり「最高です」と笑顔を見せた。

 1回、先頭・鳥谷、続く上本に連続安打を浴び、さらに2つの盗塁を許して迎えた無死二、三塁。3番・西岡に直球を左翼席に運ばれいきなり3点を献上した。ロッテ時代の同僚。「西岡さんが打つとチームが盛り上がる」と最も警戒していた相手だったが、いきなり先制パンチを食らった。「新聞などで(西岡を)“抑える”と言っていたので…。ショックでした」と振り返ったが、それでも、以降は尻上がりに調子を上げ、追加点は許さなかった。

 セ・リーグのデビュー戦は5回6安打3失点。粘投したとはいえ「満足した数字では」ときっぱり。「先発投手は完投しないといけない。反省しないと」と気を緩めることはなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月31日のニュース