112球中87球が直球!県岐阜商・高橋 押しまくり10K初完封

[ 2015年3月29日 05:30 ]

<近江・県岐阜商>9回、4番・山本を見逃しの三振に仕留める県岐阜商・高橋

第87回センバツ高校野球第8日・2回戦 県岐阜商3―0近江

(3月28日 甲子園)
 2回戦3試合が行われ、8強が出そろった。県岐阜商は近江(滋賀)を3―0で下し、2年ぶりのベスト8入り。今秋ドラフト1位候補の高橋純平投手(3年)は最速150キロの直球でグイグイ押し、3安打10奪三振で完封勝利を飾った。高崎健康福祉大高崎(群馬)は柴引良介内野手(3年)の好走塁で天理(奈良)に3―1で快勝。東海大四(北海道)は初の8強進出となった。29日は準々決勝4試合が行われる。

 最後の打者を10個目の三振に仕留めると、高橋は体を反転させながら右の拳を突き上げた。被安打3で聖地初完封。「(初回の2点で)楽な気持ちで入ることができました。完封はうれしい」と涼しい顔で振り返った。

 初回、カーブを5球投げたが「抜けが悪い」と判断すると、2回以降、直球主体の投球にガラリと切り替えた。3回、先頭打者の1球目からは18球連続で直球を投じ、14球がストライク(凡打を含む)。プレートの一塁側を踏み、右打者の外角には糸を引くような球がまるで精密機械のようにコントロールされた。2回1死からは4者連続三振。112球中、87球が直球で、1回戦と同じく最速150キロを計測したその威力は抜群だった。

 3点リードの7回に「記憶にない」という連打を浴び、1死一、三塁のピンチを招いたが、笹治を三飛、藤原をスライダーで空振り三振。8回はいずれも下級生の2失策で2死一、三塁とされた。しかし、マウンドに集まると、落ち込む下級生2人に「気にするな」と声を掛けた。「点を取ってくれたので、守りは自分が引っ張る」。主将でもある高橋は、最後まで得点を与えなかった。

 この試合を含め、頂点に立つには5日で4試合。連投→中1日→連投の日程になるが、心強い味方もいる。実家が薬局を経営しており、力の源は、幼少期から摂取する筑後産の緑藻クロレラと深海ザメの成分スクアレン。体質改善や健康維持に役立つ。父・康二さん(57)は「純平は幼少から大きな病気もない。故障らしい故障もない」と話す。

 13年以来の8強。尊敬する当時のエース藤田凌司(立大1年)に並んだ。29日の準々決勝は一昨年Vの浦和学院(埼玉)が相手。この日は直球で押したが「強い相手なので投げると思う」と甲子園ではまだ投げていないスプリット解禁を予告した。まだまだ「引き出し」はある。2試合で自責点は0。高橋の潜在能力は底知れない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月29日のニュース