スカウト絶賛のワケ 県岐阜商・高橋150キロ生かす頭脳的投球

[ 2015年3月25日 05:30 ]

<松商学園・県岐阜商>2安打1失点の好投で初戦を突破し、涼しげな顔で整列に向かう県岐阜商・高橋
Photo By スポニチ

第87回センバツ高校野球第4日・1回戦 県岐阜商4―1松商学園

(3月24日 甲子園)
 プロのスカウトも絶賛の嵐!今秋ドラフト1位候補の県岐阜商・高橋純平投手(3年)が、1回戦の松商学園(長野)戦に先発。自己最速には2キロ及ばなかったが、150キロの直球を軸に2安打11奪三振1失点(自責0)で完投勝利を挙げた。4回以降は完全投球で、与えた四球は1つだけ。ストライク率は驚異の79%と制球力でも高い能力を見せ、今センバツの主役に躍り出た。

 高橋はいきなり150キロを計測した。初回、先頭打者へ投じた2球目だ。「いい感じでスピンがかかった」。あいさつ代わりの1球にスタンドがどよめいた。2回にも150キロを叩き出した。だが、150キロ台はこの2球だけ。自己最速152キロの更新はお預けとなったが、緩急自在の投球、冷静なマウンドさばきは、むしろ投手としての完成度の高さを証明した。

 序盤は力み、2回は味方失策が絡んでスクイズで同点とされた。しかし「振り出しに戻っただけ」と落ち着いていた。中盤からは「腕と体を一緒に振るよう」カーブを多投し、力みを和らげた。6回は高野をスライダー、船崎をカーブ、新倉を直球で3者連続三振。終わってみれば、被安打2で11奪三振、4回以降はパーフェクトに封じた。

 全110球中、ボール球は23球。ストライク率は79%と制球の良さが際立った。最も遅い103キロのカーブと最大47キロの緩急差。「苦手」と公言する右打者に対しては、プレートの一塁側を踏んで内外角を突いた。走者がいなくてもクイックでタイミングを外すなど頭脳的投球も光った。

 ネット裏のスカウト陣は絶賛の嵐だ。巨人の原沢敦球団代表兼GMは「スケールや体つきなど、上位候補の素材。2巡目では残っていないでしょう」と評価し、1位候補にリストアップする阪神の中村勝広GMは「一級品だ。体もあるしフォームのバランスもいい。投手としてのセンスもいい。非の打ちどころがない」と感嘆の声を上げた。

 尊敬する恩師にささげる1勝でもあった。入学時の監督だった藤田明宏副部長(47)が今月限りで学校を離れる。中学時代の高橋の素質を見抜き「ぜひ来てほしい」と頻繁に学校関係者の元へ通った。前夜、主将として感謝を述べ、声を詰まらせた右腕は試合後「藤田先生に何とか1勝をと思っていた」と笑った。

 練習用の帽子のつばの裏には「甲子園のヒーローはお前だ!」の言葉。藤田副部長の長男で、13年センバツ8強時の投手・凌司(立大)に書いてもらった。高橋は言う。「まず8強。最後は全国制覇」。爽やかな風貌から繰り出す剛速球と優れた投球術。新たな甲子園のヒーロー誕生を予感させる快投劇だった。

 ◆高橋 純平(たかはし・じゅんぺい)1997年(平9)5月8日、岐阜市出身の17歳。梅林小2年から「梅林スポーツ少年団」で野球を始める。梅林中では「揖斐本巣パワーズ」に所属し、外野手、投手。中3秋に142キロを計測。県岐阜商では1年春からベンチ入り。最速152キロ。持ち球はカーブ、スライダー、スプリット。50メートル走6秒5、遠投100メートル。1メートル83、76キロ。右投げ右打ち。

 ≪県岐阜商の3戦全勝≫ともに戦前の甲子園大会で優勝経験のある県岐阜商と松商学園の古豪が選抜で顔を合わせるのは今大会が初めて。夏は1938年の24回大会と64年の46回大会で対戦し、いずれも県岐阜商が勝利を収めており、これで3戦全勝となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月25日のニュース