仙台育英エース佐藤世 体重8キロ増「完封できる自信はある」

[ 2015年3月17日 05:30 ]

佐々木監督(左)が見守る中、甲子園のマウンドで投球練習する仙台育英・佐藤世

甲子園練習

(3月16日)
 仙台育英のエース佐藤世は、甲子園のマウンドから直球とフォークを投じ「思った以上に投げやすかった」と好感触を口にした。

 冬は体幹トレーニングや走り込みで下半身を中心に体重を7、8キロ増やし、球の威力も増したという。2種類のフォークを操る右腕は「完封できる自信はある」と言い切った。佐々木順一朗監督は「(佐藤)世那がちゃんと投球しないと試合にならない」と絶対的な信頼を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月17日のニュース