中日・吉見2回0封 開幕投手に望み、次は5イニング

[ 2015年3月15日 05:30 ]

<ソ・中>2回を無失点に抑えた吉見

オープン戦 中日0-5ソフトバンク

(3月14日 ヤフオクD)
 開幕投手に望みをつないだ。中日・吉見が、6回から登板し2回1安打無失点。昨季パ・リーグ最多安打の中村晃や強打者の柳田を空振り三振に斬るなど4三振を奪った。

 「きょうはコントロールが良かった。結果を求めていたので0点に抑えられて良かった」

 最速142キロの直球とキレのある変化球を織り交ぜ、テンポのいい投球を披露。「肘の張りをみて、次にステップアップしていかないと。2イニングしか投げていないので伸ばしていきたい」と今後の課題を挙げた。7回からボールを受けた谷繁兼任監督も「(本来は)ゴロを打たせるタイプだが、ボールが悪くないから空振りも取れる」と評価した。

 前回1日のロッテ戦では3回65球を投げ8安打5失点と打ち込まれた。予定されていた8日の楽天戦(倉敷)は右肘の張りを訴え回避。深刻な状態ではなかったが、慎重に慎重を期して調整を進めてきた。

 次回は20日からの楽天3連戦(ナゴヤドーム)で登板し、5イニングを投げる予定。13年以来、2年ぶり4度目の大役奪取へは、次が正念場となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月15日のニュース