左肘不調の岩瀬 開幕黄信号「経過を見ていくしかない」

[ 2015年2月21日 05:30 ]

開幕1軍が絶望的になった岩瀬

 中日の岩瀬仁紀投手(40)が20日、再び沖縄入りして北谷キャンプに合流した。左肘の不調を訴え、検査を受けるために19日に名古屋へ戻っていた。「筋肉の付着部の問題」と話し、この日はボールを握らず体幹強化などのメニューをこなした。

 17日のキャンプ2度目のブルペン投球を16球で中止。「肘の状態が思っているより、なかなか上がってこなかった。ちゃんと診てもらった方がいいと思って」と名古屋へ飛んだ。「休めば大丈夫と言われた」というが、入団以来17年連続の開幕1軍へは黄信号が灯ったまま。「一日一日、経過を見ていくしかない」と淡々と答えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月21日のニュース