大谷と一問一答 栗山監督の手紙に「感じるものがあった」

[ 2015年2月20日 16:43 ]

日ハム開幕投手に指名された大谷は報道陣の質問に答える

 日本ハムの大谷は引き締まった表情で大役に指名された思いを語った。

 ―初の開幕投手。

 「初戦なので何としても勝たないといけない。相手も勝てる投手が先発する。チームに勝ち星を付けられる投球をできればいい」

 ―入団3年目での開幕投手は早いか遅いか。

 「一年一年の積み重ねでやってきた。昨年が終わって、ことしはやりたいなと思った。ここがスタート」

 ―キャンプの調整は。

 「体調もすごくいい。開幕までしっかりと合わせながら、全力で頑張りたい」

 ―栗山監督からの手紙を読んで。

 「期待に応えたい思い。(チームに)勢いを付けられるか、すごく大事なところ。自分としても感じるものがあった」

 ―注目も高まるが。

 「特に周りは気にしない。自分のやることも変わらない」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月20日のニュース