日本ハム 開幕投手は大谷!栗山監督が発表「優勝するための選択」

[ 2015年2月20日 11:52 ]

初の開幕投手を務めることになった日本ハム・大谷

 日本ハムの栗山英樹監督(53)が20日、今季の開幕投手を大谷翔平投手(20)に決めたと発表した。

 大谷の背番号「11」にちなみ、午前11時11分ちょうどにキャンプ地の沖縄・名護市営球場近くの海岸で会見した指揮官は「優勝するためにこういう選択にした」ときっぱり。本人にはこの日午前10時頃に宿舎で直接伝え、プロ3年目で大役を託された二刀流右腕は「凄くいい表情をしていた。勝負師の顔になった」という。

 大谷に「かなり長い手紙」を手渡し、「こちらのケジメとしてこういう形をとろうとしました」と話した栗山監督。3月27日の楽天戦(札幌ドーム)へ向けて「エース同士の戦いになる。あえて真正面からぶつかっていくことに意味がある」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月20日のニュース