キヨシ絶賛「久保は異常」ホレボレ安定感“開幕”改めて指名

[ 2015年2月4日 05:30 ]

ユニフォームを一人だけ間違えた久保(左)は恥ずかしそうに移動する

 DeNA・久保がフォーム改造に着手していることを明かした。この日は3日連続でブルペンに入って、直球のみ113球。ただし、投げた後には、「速い」と顔をしかめる場面が数度あった。

 目指すものについては、「強さより軽く押し込むイメージ。遅くて伸びる球ですね」と独特の言い回しで表現。新フォームの詳細には言及しなかったが、「力をいかに入れないか。脱力もやりたいことの一部。開幕して全く違う投手になると思う」と語った。

 阪神からFA移籍1年目の昨年は12勝をマークしたが、究極のフォームづくりへ余念がない。ブルペンの投球を見た中畑監督は「異常だね、異常。球の質が全部(高いレベルで)一緒で、あれだけ安定感のある投手はいない。九分九厘そうなる」と今年の開幕投手をあらためて明言した。昨秋にラジオ番組で公言して以来の「開幕指名」。それでも、久保は「先発で25試合投げる中の1試合でしかない」と平常心を強調した。

 何があってもぶれない姿勢。指揮官が大一番で起用したくなる「出来事」があった。久保はこの日、周囲がビジター用の青のユニホームを使用するなか、投手陣でただ1人、白基調のホーム用ユニホームを着用。実は、球団関係者の手違いで宿舎の一部のホワイトボードの記入ミスが原因だった。

 いったんはホーム用を着た選手も慌ててビジター用へ着替えたが、久保だけは周囲に突っ込まれても涼しい表情で練習に参加した。「俺は間違っていない。ホワイトボードで朝、確認した。自分で見たものを信じたい」。真顔の言葉には信念が込められていた。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月4日のニュース