オリ中島 気合十分モヒカン出陣「“やったろう”という気持ち」

[ 2015年1月31日 09:13 ]

気合のモヒカン頭で現れた中島

 この男、目立つ。目立ちすぎる。オリックスは30日、キャンプ地の宮崎入り。森脇監督やチームメートの度肝を抜かせたのは新加入した中島だった。頭のサイドを青々と刈り上げ、中央部分にパーマをあてた独特のモヒカンヘア。

 「オープン戦が始まるまで(髪を切る)機会もないので。周りからは“大丈夫?怒られへん?”と言われましたけど髪が伸びてきたら気にならんでしょ」と、あっけらかんと笑った。

 昨年12月5日の入団会見以来となる公の場。会見後に新ヘアスタイルにし、2日前に再びバリカンで刈り上げたという。後ろ髪を伸ばしている最中で「帽子からちょっと出るくらいでね」とこだわりも見せた。同じく新加入の小谷野もウエーブのかかった長髪姿で登場。森脇監督は2人の髪形に「独創的で、遊び心があるのかな」と笑った。

 甘いマスクの中島は西武時代、人気No・1選手だった。服装もおしゃれで、奇抜なヘアスタイルも話題になった。長髪に金髪、さらにソフトモヒカンやアフロ系の「ボンバーヘッド」、ドレッド系の「コーンロウ」とあらゆるヘアスタイルに挑戦し、プレーだけではなく、髪形でも魅せてきた。

 「(キャンプが)始まったら飛ばし過ぎてしまうところがあるので、抑えていきたい」。中島はそう言ったが、髪形は全開に飛ばした。3年ぶりの国内復帰。米国での2年間は1度もメジャーの舞台に立つことはできなかったが、19年ぶりのリーグ優勝を目指すオリックスで復活を懸ける。キャンプに備えて、米ロサンゼルスなどで自主トレ。ランニングや打撃練習に取り組み、順調に体を鍛えてきたという。

 「不安というよりは、“やったろう”という気持ちが強い。(新天地で)分からないことも多いが、徐々にやっていきたい」。気合十分のモヒカンヘアが、中島の意気込みを物語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月31日のニュース