アストロズ OBの“レジェンド”バグウェル氏が臨時打撃コーチに

[ 2015年1月28日 17:30 ]

 アストロズは27日、今春のキャンプでチームOBのジェフ・バグウェル氏(46)を臨時打撃コーチとして招聘すると発表した。

 91年のメジャーデビューから現役を引退した05年まで15年間アストロズで活躍したバグウェル氏は通算で打率2割9分7厘、449本塁打、1529打点をマークし、94年にはリーグMVPと打点王を獲得。オールスターにも4回選出されているチームの“レジェンド”だ。

 実はバグウェル氏がアストロズの打撃コーチを務めるのは今回が初めてではなく、10年シーズン途中から同年終了まで一度経験があるが、今季から指揮を執るヒンチ監督から「打撃に関するバグウェル氏の豊富な知識がチームのプラスになる」と促され、再び臨時ではあるが、同ポストに就くこととなった。

 ライアン球団社長も「選手をコーチすることで、バグウェル氏がアストロズの選手たちを知る良い機会になる」と背中を押した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月28日のニュース