巨人・坂本主将、キャンプ2軍スタートも?腰痛で宮崎入り延期

[ 2015年1月28日 07:43 ]

グアム自主トレでは精力的にトレーニングに励んだ坂本だったが…

 巨人・坂本勇人内野手(26)が腰痛を発症し、28日から宮崎で始まる1軍合同自主トレーニングの参加を見送ることになった。軽症とみられるが、腰痛は持病でもあり、大事を取って2月1日のキャンプインは別メニュー調整や2軍で迎える可能性も出てきた。

 阿部に代わり、戦後最年少となる27歳シーズンで新主将に就任した坂本が、苦難のスタートを迎える。今月初旬から24日までグアムで自主トレをともにした阿部は「グアムの最終日に痛めた。その前には胃腸炎にもなっていた」と、体調不良が重なっていたことを明かした。坂本は2010年のCSファイナルSでも腰痛で2試合欠場。昨季終盤も腰痛を訴えて途中交代することもあったため、トレーナーらと相談の結果、都内に残って静養に努めることが決まったもようだ。

 坂本は25日のジャイアンツ球場での荷物出しの際に「体はつくれていると思う。宮崎に行って技術的なことができれば。トレーニングと技術を両立できればいいと思う」と話していた。球団によると31日までには宮崎入りする予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月28日のニュース