大リーグ セリグ・コミッショナーが退任「長い旅だった」

[ 2015年1月25日 15:12 ]

任期満了に伴いメジャーリーグのコミッショナーを退任したバド・セリグ氏 (AP)

 米大リーグで92年から22年もの間、コミッショナーを務めてきたバド・セリグ氏(80)が任期満了に伴い、24日付で退任した。

 同日にメディアのインタビューに応じたセリグ氏は「コミッショナー在任期間はいろいろな意味で自分を変えた本当に長い旅だった。今日の自分が知っていることをコミッショナー就任時の92年に分かっていればと思うよ」とコメント。感慨深げにその任期を振り返っていた。

 92年に当時のコミッショナーだったフェイ・ビンセントの後を受けて、代理というかたちでコミッショナーに就任。98年に正式に第9代コミッショナーとなった。しかし、セリグ氏がメジャーリーグのトップに就いた90年代は厳しい時代だった。94年から95年にかけてはストライキでファンが離れた。そして球界に薬物が蔓延した“ステロイド時代”もこの時期だ。

 それでも、セリグ氏はオーナーからコミッショナーに転身した異色のコミッショナー。家業の自動車販売業で財を成した実業家出身らしい発想でリーグを改革した。収益分配制度で全球団の財政の安定化に成功。ワイルドカード制を導入してシーズンそのものを盛り上げ、インターリーグなど話題性の高い試合も実施。ストライキで離れたファンを再び引きつけることに成功し、その結果、高額なテレビ放映権料もリーグにもたらした。

 米経済誌によると、14年のメジャーリーグの総収入は過去最高となる約90億ドル(約1兆600億円)で、これは95年の6倍以上の数字。見事な手腕を発揮したセリグ氏だが、薬物に関しては対応が後手となり、批判を浴びることとなってしまった。それが「今日の自分が知っていることを予め分かっていれば」という言葉につながったのかもしれない。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)創設など世界戦略も進めたセリグ氏は「私の夢は野球を世界に広めること。米国以外に球団があってもいい」とコミッショナー退任を迎えるのにもかかわらず、まだまだリーグ改革に意欲的。その夢は25日から後任に就くロブ・マンフレッド氏(56)に託される。

 代理期間を含め在任22年は初代コミッショナーのケネソー・ランディス氏に次ぐ2番目の長さ。コミッショナーとして5人目となる殿堂入りも間違えないだろう。今後は年間600万ドル(約7億700万円)と伝えられる年金を受け取り、名誉コミッショナーとしてリーグをサポートするという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年1月25日のニュース