BC石川に入団の多田野、NPB復帰目指し「抜群の成績を」 

[ 2015年1月16日 16:56 ]

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの石川に投手コーチ兼任での入団が決まった元米大リーガーの多田野数人投手が16日、金沢市内での新入団会見に出席し「一日でも早く、(プロ野球12球団に)復帰できるように、石川で抜群の成績を残したい」と意欲を語った。

 34歳の右腕は日本ハムで昨季5試合の登板に終わり、オフに退団。元同僚で、昨季に石川で現役を引退した木田優夫氏の声掛けもあって入団を決めた。「まだまだ体は元気。打者と対戦したいという気持ちが続いている」と闘志十分。

 新天地では指導者としての一歩を踏み出す。立大から海を渡り、米球界ではマイナーからはい上がってメジャーで1勝するなど、さまざまな経験を若手に伝える役割を担う。「コーチを経験することで将来の選択肢が増えると思う」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月16日のニュース